マカナの注意すべき副作用とは?安全性を徹底検証

マカナの注意すべき副作用とはアイキャッチ
マカナっていろんな成分が入っているけど、副作用はないのかなぁ?添加物も気になるし、本当に安全なサプリなの?

当記事はこのようなお悩みを解決します。

マカナは妊活専門のサプリメントですので、普通に飲んでいる限りは安全性には問題ありません。

しかし、どんな食品でもそうですが過剰に摂取すれば弊害が起こる可能性はあります。また様々な成分が配合されていますので、人によっては体に合わない場合もります。

この記事ではマカナに含まれている成分のうち、過剰摂取で副作用の可能性のあるものや、体質によっては何らかの症状がでるようなものをピックアップして解説していきます。

またマカナに使われている添加物やGMP認証など、安全性に関することも合わせて解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

定期縛りなし!いつでも解約OK!

40%オフでマカナを試す

妊活サプリマカナの副作用

マカナは「栄養機能食品」ですので分類としては食品の一つです。

サプリメントという形状をしているので混同しがちですが、医薬品ではありません。ですので基本的に副作用というものもありません。

しかし、普通の食品でも、1種類を食べ続けたり過剰に摂取したりすれば、体に何らかの支障をきたすことがあるように、サプリメントでも過剰摂取は避けなければなりません。

またマカナには90種類以上の成分が配合されています。

全て安全性が確認されているものばかりですが、中には体質によっては副作用の可能性のある注意すべき成分もあります。

妊娠しやすい体に近づくのが目標なのに、副作用で健康を損ねては本末転倒です。

注意すべき成分をきちんと把握しておきましょう。

マカナの注意すべき成分
  • マカ
  • 葉酸
  • スピルリナ
  • ビタミンD
  • 亜鉛

マカの過剰摂取による副作用

マカの効果が過剰となると

  • 不眠
  • 頭痛

などの副作用が出ることがあります。

マカには様々な栄養素が豊富に含まれており、おもに性ホルモンのバランスをサポートしてくれますが、中枢神経に作用するため、人によっては不眠や頭痛の症状が現れます。

また1日に飲む目安量を守っていれば問題ありませんが、マカを過剰摂取した場合には下痢や肝機能障害を起こす可能性があります。

妊活サプリマカナは多く飲めば効果が増大するものではありません。目安量を守るのとともに、アレルギー体質や持病がある方、過去にサプリメントで体調不良になった方などは事前にかかりつけのお医者さんに必ず相談しましょう。

葉酸の過剰摂取による副作用

  • 亜鉛の吸収を阻害
  • 皮膚炎
  • 胃腸障害

葉酸はビタミンBの一つで水溶性なので、体に蓄積しにくく、基本的には過剰摂取をしても副作用の心配がない栄養素です。

しかしこれは食事から摂取する天然葉酸の話であり、サプリメントに配合されている合成葉酸には1日1,000μgまでという耐容上限量が定められています。

大量摂取した場合には、妊活をするうえで重要な亜鉛の吸収を阻害したり、皮膚炎や胃腸障害の原因になります。

マカナは厚生労働省が推奨する1日の摂取量400μgが摂れるように配合されていますので、目安量を守っていれば耐容上限量を超えることはなく、副作用の心配はありません。

スピルリナの過剰摂取による副作用

  • 熱っぽさ
  • のどが渇きやすい
  • 下痢
  • 肌のかゆみ
  • 光線過敏症

スピルリナはWHO(世界保健機構)でも安全性が認められている食品です。

しかし天然素材にはいろいろな成分が含まれているので、なかには副作用を起こす場合もあります。

特に初めてスピルリナを摂取する人は、その整腸作用が効きすぎて下痢や腹痛になることもあるので、もともと胃腸が弱い人は注意が必要です。

また通常なら問題のない量の太陽光でやけどや炎症が起こる「光線過敏症」という症状の原因になる可能性があります。これはスピルリナには免疫機能を活性化させる作用があるためと考えられていますが、もともと肌が弱い人は注意しましょう。

さらに、抗血栓薬を常用している方はスピルリナの摂取は避けた方がよいでしょう。スピルリナに含まれるビタミンKには血液凝固作用があります。抗血栓薬のワーファリンの効果を弱めてしまいます。

ビタミンDの過剰摂取による副作用

  • 高カルシウム血症
  • 腎機能障害

ビタミンDは脂溶性ビタミンで体に蓄積しやすい性質を持ちますので、過剰摂取には注意が必要です。

ビタミンDを摂り過ぎると血液中のカルシウム濃度が上昇し、高カルシウム血症を招く恐れがあります。高カルシウム血症の症状としては便秘や吐き気といった比較的軽いものがありますが、重症化すると胃潰瘍や脱水症状、急性腎不全などの危険もあります。

またカルシウム濃度が高くなると血管壁にカルシウムが沈着しやすくなり、腎機能障害や軟組織の石灰化障害の可能性もあります。

通常の食事で過剰症が起こることはまずありませんが、サプリメントなどで大量摂取した場合は注意が必要なので、マカナ以外に高用量のビタミンDが含まれたサプリは摂らないようにしましょう。

亜鉛の過剰摂取による副作用

  • 吐き気・嘔吐
  • 下痢・食欲不振
  • 免疫の低下
  • HDLコレステロールの低下

亜鉛は妊活する男女ともに重要なミネラルですが、毒性があるため、過剰摂取した場合は中毒症状があります。

急性の場合は吐き気や嘔吐、頭痛、下痢や食欲不振の症状があります。

慢性の場合は銅の吸収阻害、免疫機能の低下、善玉コレステロールであるHDLコレステロールの値が低下するなどの副作用があります。

1日の耐容上限量は男性が40~45mg、女性は35mgとなっていますので、食事とプラスしてマカナを飲んだとしてもこの数字を超えることはありませんが、別に亜鉛を含むサプリなどを飲む場合は気を付けましょう。

40%オフでマカナを試す

妊活サプリマカナにも添加物は使われている

妊活サプリは健康第一の時期に飲むものですから、添加物が気になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、マカナにも実は添加物は使用されています。というか添加物を含まないサプリなどはこの世に存在しません。

公式サイトでは「安心の無添加」という記述がありますが、但し書きにもあるように、着色料などの添加物は使用していない、という意味であり、マカナが全く添加物を使用していないわけではありません。

新聞やテレビなどのマスコミによる報道で

添加物=体に悪いもの

というイメージが定着してしまっているので、食品会社も無視するわけにはいかなくなっているのです。

しかし添加物は本来、食品の安全性や食べやすさを向上させるために使用されるものです。妊婦や授乳婦が添加物の入った食品を食べても問題ありませんし、もちろん妊活中においても同様です。

いっぽうで、そうはいってもやはり添加物が入っていることで不安になる方も一定数いるでしょう。

そこでこの章では、マカナに使用されている添加物について解説し、いかに問題のない妊活サプリであるかを理解していただきたいと思います。

マカナに使われている添加物
  • セルロース(結合剤)
  • HPC(コーテイング剤)
  • セラック(光沢剤)

セルロース(結合剤)

セルロースとは、植物細胞の細胞壁や繊維の主成分となる炭水化物(多糖類)のことです。

普段の食事からは不溶性の食物繊維として野菜や穀物から摂取しているものですが、食品添加物としては、加工されて増粘剤や結合剤として利用されます。

マカナの公式サイトでは、「香料、着色料、保存料、酸味料、甘味料、増粘安定剤は全て不使用」とあり、増粘安定剤としては使用していない、ということですので、マカナのセルロースは結合剤として使用されていると考えられます。

結合剤は、錠剤などを製造する際、粉末を結合するために添加されるもので、有効成分をサプリメントの形にするのに必要なものです。

セルロースの安全性は確認されており「ヒトへの毒性を示唆するとの証拠はない」とのことです(日本医薬品添加剤協会

HPC(コーティング剤)

HPC(ヒドロキシプロピルセルロース)もセルロースの一種で、極めて安全性の高い添加物です。

その毒性の低さから、医薬品の結合剤として使用されるほか、ドライアイの治療薬や義眼の潤滑剤などにも使われています。

マカナではおそらくコーティング剤として使用されています。コーティング剤とはその名の通り表面のコーティングに使われるのですが、マカナの原材料名の並びを見るとセルロースが始めにきてHPCはそのあとです。

原材料名の並びは量の多い順番に並べなければなりませんので、セルロースよりもHPCの方が量が少ない、ということになります。

結合剤とコーティング剤の量の比較では結合剤のほうが多く使用されるはずですので、マカナの場合はセルロースが結合剤、HPCがコーティング剤、と推測できるということです。

セラック(光沢剤)

セラックとは、ラックカイガラムシという虫が樹脂から生み出す物質で、お菓子や医薬品の光沢剤としてよく使用される添加物です。

虫が生み出す物質と聞くと少し気持ち悪いかもしれませんが、天然の成分を精製しているので、安全上は全く問題のない物質ですので安心してください。

光沢剤は食品や錠剤の表面を覆って光沢を出すものです。またそれだけでなく中身を湿気から守ったり、錠剤の場合は表面をツルツルにしてのどを通りやすくする、などの効果があります。

マカナの場合も、HPCの膜のさらにその上からセラックで覆うことで、飲みやすい形状にしています。

40%オフでマカナを試す

妊活サプリマカナはGMP認定工場での製造だから安心

妊活サプリは大事な時期に口にするものですので、より安全なものを選びたいですよね。

その点マカナはGMP認定工場で製造されているので安心して飲めます。

公式サイトでもGMPについては解説されていますが、ここではもう少しわかりやすく

なぜ安全なのか?

について解説しておきます。

GMPは医薬品の製造管理・品質管理の基準

GMPとは、Good Manufacuturing Practiceの略で、医薬品や医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準のことです。

製造管理とは、医薬品を製造する際の作業に関するルールです。原料の計り方、器具の整備の仕方、記録の方法など細かいところまでマニュアルを作ります。

品質管理とは、製造された医薬品が、一定の品質をクリアしているかの検査のルールです。検査の順番、結果の記録、検査器具の点検方法などをあらかじめ決めておきます。

またこれらに加え衛生面でも、工場内の清掃方法、作業着の着方、手洗いの仕方等々を決めなければなりません。

医薬品を製造する者にはこれらを守るよう「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」という法令で定められています。

健康食品GMPで医薬品レベルの安全性を

GMPは医薬品製造に関する基準ですが、この考え方を健康食品にも適用させたのが健康食品GMPです。

錠剤やカプセルという形状の多い健康食品は、あたかも医薬品と同じような扱いをしてしまいがちですが、その製造工程や原料などの法的な規定はないため、なかには極めて安全性の低い商品もあるのが現状です。

厚生労働省はこのような状態を改善するため「健康食品GMPに関するガイドライン」を2005年に発表し、健康食品業界に自主的な取り組みに努めるよう指導してきました。

現在は日本健康食品規格協会と日本健康・栄養食品協会という二つの第三者機関が、申請のあった工場の審査・査察を行い、基準をクリアしていればGMPの認定を受けることができます。

一定の品質が確保される「GMPマーク」

サプリなどの健康食品はその製造過程において、成分を濃縮したり混ぜ合わせたりするため、どうしてもばらつきが出たり異物が混入してしまう可能性があります。

これを未然に防ぐのがGMPで、しっかりとその規範通りに製造されているのかをチェックするのは第三者機関です。

そしてその第三者機関は、単なる民間団体ではなく国が指定した第三者機関です。

以上の理由から、GMPマークがついている商品と、そうでない商品とを比べた場合、どちらが安全性が高いかはおのずと答えは出るはずです。

妊活中に飲むサプリは、必ずGMPマークのついている工場で製造された商品を選びましょう。

定期縛りなし!いつでも解約OK!

40%オフでマカナを試す